不正/不祥事の調査

無料お問合せ先 TEL:03-6869-4695  E-mail:daisuke_tanaka@tcfeoffice.com

デジタル・フォレンジック技術を使った不正/不祥事調査

デジタル・フォレンジックをとは「デジタル鑑識」
犯罪捜査や法的紛争などで、コンピュータなどの電子機器に残る記録を収集・復元・分析/解析し、その法的な証拠性を明らかにする手段や技術の総称。ハッシュ値やデジタル署名などで解析元と同一性を保全する技術なども含まれる。

近年のお問合せ内容
情報漏えい 不正会計
不就労や労働問題 パワハラ・セクハラ
キックバック 横領
不正アクセス 贈収賄

fraud01

事案の経緯など時系列で整理し対象者や対象物の整理と分析優先順位を決める。
最適な方法と手法で調査全体を組み立てる。

証拠となる物品の押収。PCやUSBといった筐体の押収に加え、現場での証拠保全を見越した周辺環境の維持・整備に加え複数人による作業で、人的要因による作業ミス排除も重要。

記憶媒体に保存されているデジタル・データを全く書き換える事なく、インシデント発生時もしくはその状況に近い状態の完全な複製を取得する。デジタル・データを調査する上で最も重要な作業の一つ。

証拠保全を行った複製データに対し、フォレンジック専用ソフトウェアを用い調査/解析を実施。その結果においては、誰が行っても同じ結果が出る事が重要。

調査/解析で得られた結果を報告する。報告や証言の内容は、公平・客観的・真正・理解可能である事が求められる。

事例集

台湾においての外国公務員への賄賂

経緯
大手電機メーカの買収により子会社となったX社の現地支社長と
経理部長が、大型受注において定期的な賄賂を現地公務員に渡している疑いが発生した!

調査・分析
日本本社の法務部との協議の上、IT監査という名目で法務部担当者と現地入りし、監査を行いつつ
調査を進めた。

・対象物:各関係者のPC調査
     メールの復元及び分析
     帳票の改ざんや更新日時の分析など
     調査報告書提出

 

従業員の過労による自殺の原因究明

経緯
勤続年数4年の社員A氏、寡黙で責任感の強い社員だった。
ある日、A氏は会社を無断欠勤した。
困った同僚社員がA氏の携帯に連絡するが連絡が取れなかった為、数時間後に両親へ連絡を取る事にした。
責任感の強いA氏の性格を知っている両親は不審に思いA氏の住むアパートへ行き確認するとA氏は自殺をしていた。

調査・分析
一見、過労の実態があったのは間違いないかのように思われたが、PCを調査し、事実確認を分析すると・・・
夜ごと毎日のようにインターネットにアクセスをして大量のアニメをダウンロードしていた事が判明!!
保存の履歴とうから深夜まで会社のPCでアニメを見ていたのは明らか。
これにより遺族側の主張の信憑性が一気にダウンした

・対象物:本人のPC及び個人のPC
     メールやファイル等の復元
     PCの起動履歴など
     調査報告書 提出

 

競合他社へ機密情報の持出し

経緯
中堅規模の電機メーカA社に技術者として勤続7年間ほど勤めていたY氏。
常に真面目で人からの評価も良かった。ある日、大手ではあるが競合に転職する事がきまりA社も痛手だが
快く送り出したがY氏が返却した会社PCに不明なSDカードがさされていた。
これによりY氏が会社の資産である技術情報を持出し競合で使うのではと疑いが発生した!

調査・分析
A社の社長、総務部、弁護士との協議の上、自宅へ赴き個人で所有しているPCや外付けHDDを調査する事となった。
先ずは、会社のPCとSDカードを分析しデータの特定を行い、本人同意の上、自宅に行き対象となる電子機器を押収、分析した。

・対象物:会社所有のPC、個人所有のPC、外付けHDD、USBの調査
     メールや各データの復元及び分析
     WEB閲覧履歴
     外部接続履歴など
     調査報告書提出